メディア掲載情報

【2017年5月】

  • 産業カウンセラー協会様の月刊の会報「産業カウンセリング」に協会理事の尾崎健一による「職場の悩みに効くブラックジャック」の連載が掲載されております。
    ・第11回のテーマは、「職場でネガティブ感情」です。
  • 協会代表理事の見波利幸による新刊「やめる勇気」が、朝日新聞出版より4月20日に出版されました。


    ベストセラー『心が折れる職場』(日本経済新聞出版社)の著者で、企業のメンタルヘルスの草分け的存在のカウンセラーが贈る、ストレスをしなやかに跳ね返し、レジリエンスを高めるための方法論。「ねばならない思考」の人ほど心が折れやすい。しかし、しなくても困らないことは意外に多い。深刻な心の病に陥る前に、自分を追い込んでいる何気ない習慣をやめてみることを提案する。また、ストレスをモチベーションに変える方法も。 協会代表理事の見波利幸による新刊「やめる勇気」が、朝日新聞出版より4月20日に出版されました。


    http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=19003

【2017年5月】

【2017年5月】

  • 2017年03号「PHP Business THE21」の『心が折れない働き方特集』に、協会代表理事の見波利幸による「心が折れる職場はなぜ生まれるのか?」が、「心の折れやすい職場」チェックリスト付きで掲載されました。

【2017年4月】

  • 日経MOOK「働く人のメンタルヘルス」(日本経済新聞出版社)に、協会代表理事の見波利幸による「職場の環境改善には上司として部下への理解が不可欠、働きやすさとやりがいを追及せよ」と協会理事の鬼頭幸三による「研修講師として企業を訪問、受講者の理解がやりがいに」が掲載されています。

【2017年3月】

  • 健康保険組合様発行共通版広報誌「I'm fine」に、協会代表理事の見波利幸による「プロが教えるタフなメンタルの秘訣」が連載されました
  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。3月号は「若手社員への効果的な研修のポイント」です
  • 「インテリジェンス・レポート 第96号」から、協会理事の鬼頭 幸三 による『ストレスフリーに働くために』が、コラム欄に連載されています。2017年4月号には「あんがとノート」と題して、ストレスケアについての具体的な方法が話されています

【2016年12月】

  • 朝日新聞11月20日版の書評欄に、協会代表理事の見波利幸の著書 『心が折れる職場』が「売れてる本」として掲載されました。
  • 日刊ゲンダイ11月17日版に、協会代表理事の見波利幸による 職場のメンタルヘルスに関するインタビュー記事が掲載されました

【2016年11月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。
    11月号は「管理職を悩ませるシニア社員への対応」です。
  • 2016年9月1日発行の「インテリジェンス・レポート 第96号」から、協会理事の鬼頭 幸三 による『ストレスフリーに働くために』が、コラム欄に連載されています。この連載コラムでは、ストレスケアについての具体的な方法が話されています。

【2016年10月】

  • 産業カウンセラー協会様の月刊の会報「産業カウンセリング」に協会理事の尾崎健一による「職場の悩みに効くブラックジャック」の連載が掲載されております。
    ・第4回のテーマは、「評価の高い上司に失望」です。
  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。
    10月号は「ストレスチェック制度運用上の課題への対応」です。

【2016年9月】

  • 読売オンラインの深読みチャンネルに、協会代表理事の見波利幸による「勘違いメンタルヘルスで部下の『心が折れる』時」というテーマで記事が公開されました。
    http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160907-OYT8T50053.html
  • 産業カウンセラー協会様の月刊の会報「産業カウンセリング」に協会理事の尾崎健一による「職場の悩みに効くブラックジャック」の連載が掲載されております。
    ・第3回のテーマは、「なぜ私ではなく新人が」です。
  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。
    9月号は「発達障害が疑われる社員への相談対応」です。

【2016年7月】

  •  協会代表理事の見波利幸による新刊「心が折れる職場」が、日本経済新聞出版社より7月8日に出版されました。
  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。
    8月号は「メンタル不調者が続出する組織への介入」です。

【2016年6月】

  • 産業カウンセラー協会様の月刊の会報「産業カウンセリング」に協会理事の尾崎健一による「職場の悩みに効くブラックジャック」の連載が掲載されております。
    ・第2回のテーマは、「自分の仕事は全うしたけれど」です。
  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。
    7月号は「アルコール使用障害が疑われる社員への対応」です。

【2016年5月】

  • 産業カウンセラー協会様の月刊の会報「産業カウンセリング」に協会理事の尾崎健一による「職場の悩みに効くブラックジャック」の連載がスタートしました。
    ・第1回のテーマは、「新人部下への上司の不満」です。
  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。
    6月号は「休職を繰り返す社員への対応」です。

【2016年4月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 5月号のテーマは「新型うつ社員の職場適応支援」です。

【2016年3月】

  • 2016年3月19日号(3月14日発売)の「週刊東洋経済」のシニア社員の特集にて、協会理事見波利幸が「会社を蝕むシニア社員」のテーマで4ページにわたり記事を執筆し掲載されました。
  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 4月号のテーマは「不眠を訴える社員への対応」です。
  • 「へるすあっぷ21」のイベント欄に協会主催講座の案内が掲載されました。

【2016年2月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 3月号のテーマは「効果的なメンタルヘルス研修を実施するには?」です。

【2016年1月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 2月号のテーマは「躁状態の社員への対応」です。

【2015年12月】

  • 「物流ウィークリー」(12月14日号)の紙面に協会理事見波利幸による「ドライバーの健康管理」のテーマで特別取材シリーズの欄に記事が掲載されました。
  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 1月号のテーマは「異動で孤立したケースへの対応」です。

【2015年11月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 12月号のテーマは「自殺企図した社員の職場復帰支援」です。

【2015年10月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 11月号のテーマは「医療機関への受診を拒む社員への対応」です。

【2015年9月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 10月号のテーマは「パーソナリティ障害が疑われるとき」です。

【2015年8月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 9月号のテーマは「再雇用社員の職場適応のポイント」です。

【2015年7月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 8月号のテーマは「新型うつ傾向の社員への対応」です。

【2015年6月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 7月号のテーマは「自己愛傾向のある社員への対応」です。

【2015年5月】

  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」の連載が掲載されております。 6月号のテーマは「パワーハラスメント問題への対応」です。
  • 「へるすあっぷ21」6月号のイベント欄に、協会主催の6月の講座案内が掲載されました。
    http://www.sociohealth.co.jp/magazines/healthup21.html

【2015年4月】

  • 「研究開発リーダー4月号」に、協会代表理事の見波利幸が「確実に目標を達成するために必要なトレーニング」と題しての記事が掲載されました。
  • 「へるすあっぷ21」に協会代表理事見波利幸の執筆による「職場の不適応」 の連載が掲載されております。 5月号のテーマは「発達障害が疑われる社員への対応」です。
    http://www.fujisan.co.jp/product/1281683225/

【2015年3月】

  • 2015/3/19 富士ゼロックス様サイトにて、「組織視点でメンタルヘルス一次予防を考察する」 のテーマで、協会理事 竹内理恵の記事が掲載されました。
    http://www.fujixerox.co.jp/cgi-bin/xdirect/m?M=F3010EF0LMstaff00001
  • 「へるすあっぷ21」4月号より、協会代表理事の見波利幸の執筆による 「職場の不適応」の連載がスタートしました。 (2015年4月号より1年間の連載予定)
  • 「人事マネジメント」3月号に、協会代表理事の見波利幸による「人事担当者のためのメンタルヘルス研修内製化の進め方」の特集記事が13ページにわたり掲載されました。 PDF ダウンロードはこちら⇒
  • 「へるすあっぷ21」3月号のイベント欄に、協会主催講座の案内が掲載されました。

【2015年2月】

  • 「へるすあっぷ21」2月号に、協会設立の記事が掲載されました。

【2015年1月】

  • 「人事マネジメント」1月号に、協会設立の記事が掲載されました。
  • 「J-CAST社」のWebサイトに、協会代表理事 見波利幸の「強靭なメンタル社員10か条」が掲載されました。
    http://www.j-cast.com/kaisha/2015/01/22225641.html
  • 「心とからだのオアシス」1月号に、一般社団法人 日本メンタルヘルス講師認定協会協会 設立の記事が掲載されました。